〜これからの時期に必見!梅雨の長雨対策!〜

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?最近は、記録的な早さの梅雨入りが報告されており、5月23日現在、日本全国の大半が梅雨に突入しています。

梅雨の晴れ間

そんな中、梅雨の長雨対策を一切行っていない方はいませんよね。(対策をされていない方は是非、このブログを最後まで見て下さいね♪)

しかし、仕事がなどが忙しく対策が出来なかった方のために当ブログを書こうと思い、本日のような内容の投稿をしています。

さてさて、前置きが少し長すぎたかもしれませんが、今から本編に入っていきます。お楽しみ下さい♪

梅雨の時期について

まず、梅雨の時期を軽く知ってから対策の話に移っていきましょう!

梅雨の時期は全国的に大きくずれがありますが、関西地区を例にすると、例年では6月上旬頃から始まり、7月中旬頃に明けると言う状態になっています。

しかし、今年度においては、異常な程の早さで梅雨の時期が到来したのです。関西地区を例にすると、例年と比べて21日早い梅雨入りとなっており、異常な早さと言う事が分かります。

以上の事から、約1ヶ月の期間を占有し雨が多く降る季節が梅雨と言う事になるのです。

梅雨の長雨対策について

その1 いつでも避難出来る状態に

梅雨と言う時期は、雨が多い事もあり、災害が起きやすい代表的な季節となっています。それにともなって、床下浸水や洪水、土砂災害などの発生が大幅に多くなっていきます。

その対策の1つとして、いつでも避難出来る状態にする必要があるのです。

具体的に、防災袋の中身の点検や避難経路の確認、遠方での避難経路の確認、日頃の話し合いなどがあります。

その2 湿度下げること

皆さんもご存知の通り、梅雨では雨が多いため湿度がいつも以上に高くなってしまう事があります。そのため、湿気対策を万全にしていきましょう。

湿気対策の1つとして、まめに換気を行う事で湿度を大幅に下げられるのです。

しかし、「晴れの日は良いけど、雨の日はどうしたら良いの?」と思われている方も多いと思います。なんと、雨の日にも換気をしている方が湿度が下がるのです。なぜなら、屋外よりも屋内の方が湿度が高くなってしまう傾向があるからです。そのため、嵐や大雨以外の場合は換気を積極的にしていきましょう!

その3 落ち葉や廃材は回収しよう

落ち葉や廃材をそのまま放置する事は、害虫達の住処を与えてしまっている状態なのです。更に、梅雨時期の場合、害虫の活動が活発になっており出会う可能性が高いのです。

そのため、害虫達に会わないためにも落ち葉や廃材は回収をしていきましょう♪

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます!

梅雨の長雨対策はいかがでしたでしょうか〜?これからの時期にぴったりの話題だったと思います!梅雨の長雨対策を行いながら、これからもぐっさん🍅のヒトリゴトをご覧下さい♪

〜5月に美味しい旬のフルーツ7選〜

夕方の田舎

本日は「5月に美味しい旬のフルーツ7選」をお送り致します!

皆さんは、5月に美味しいフルーツと言えば何を思い浮かべますか?さくらんぼや夏みかんなど様々なフルーツを思い浮かべると思います。その中でも、特に美味しい旬のフルーツを7つ紹介致します!

ごゆっくり見ていってくださいね♪

1.サクランボ

まず1つ目は、冒頭でも出てきたサクランボです!サクランボは、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹です。セイヨウミザクラやスミミザクラなどから収穫を行う事が出来ます。一般的に、観賞用として栽培されているソメイヨシノなどでは、サクランボの収穫は出来ませんので覚えて置いて下さいね♪

この様なサクランボですが、見た目がとても愛らしく、女性を中心に人気を博しています。それにもかかわらず、その他のフルーツに比べて栽培は簡単ではなく、栽培できる地域も限られているため、とても高価なフルーツとなっています。しかし、甘味酸味のコントラストなどが最高ですので、今季中には是非、食べてみて下さい。

2.夏みかん

2つ目は、サクランボと同じく冒頭に出てきた夏みかんです!夏みかんには様々な品種があり、夏橙(ナツダイダイ)とも言われているみかんの事です。夏みかんの旬としては、4月下旬〜5月中旬が1番の旬となっています。一つ一つの粒がとてもしっかりとしており、潰れにくく、プリプリとした食感が楽しめるフルーツです。味としては、酸味が強い印象を受けると思いますが、初夏の時期にはこの酸っぱさがかえって爽やかで美味しく感じられます♪

3.ビワ

3つ目は、バラ科の木になるビワです。ビワと言えば、種ばかりで大きくて食べるところが少ないと思われがちですが、意外にも食べれる部分の割合は大きいのです。また、最近では大玉品種の普及により、十分に満足出来るものなどもあります。

更に、ビワは和のイメージが強いのですが、季節感があり、色合いも良いため、洋食のデザートや洋菓子でもどんどんと取り入れていきたい食材なのです。

4.メロン

4つ目は、高級フルーツの王様とも言えるメロンについてです。メロンは、味はもちろんの事、見た目も芸術的で美しいなどフルーツの百獣の王としての役割を担っているのです。その様なメロンですが、旬が少し長く5月〜7月となっています。この3ヶ月の間に、ジューシーかつとても甘い香りをお楽しみ下さい♪

5.グレープフルーツ

5つ目は、ビタミンcが多く含まれているグレープフルーツについてです。グレープフルーツと言えば、爽やかな香りと甘味、ほろ苦さが特徴的なフルーツですよね。そのままだけでは無く、ジュースやゼリーにしても美味しい代物です。また、ほろ苦さが苦手と言う方はハチミツや砂糖などをまぶして食べると食べやすいですよ♪

更に、カロリーについてもグレープフルーツはダントツに低くなっており、ダイエットをしている方にも最適なフルーツと言えるのです。

この様に、様々な場面において長けているグレープフルーツを是非食べて下さいね!

6.ゴールデンキウイ

6つ目は、グリーンキウイよりも甘味が強いゴールデンキウイについてです。

ゴールデンキウイとは冒頭で説明した通り、グリーンキウイよりもとても甘味が強く、酸味が少ない事が特徴です。この様なことから、グリーンキウイの酸味が苦手と言う方はゴールデンキウイに挑戦してみてはいかがでしょうか?

また、ゴールデンキウイと言うキウイは、ゼスプリ社が日本人の好みに合わせて約20年をかけて開発した品種です。そのため、皆さんも旬の今季に食べてみて下さいね♪

7.南国のフルーツ

最後の7つ目は、別名トロピカルフルーツと呼ばれている南国のフルーツについてです。南国のフルーツと言えば、マンゴーやパイナップル、ドリアン、ライチなどを思い浮かべると思います。今、思い浮かんだフルーツ全てが旬を迎えているのです。是非、スーパーなどで見かけた際には購入して食べてくださいね!

·まとめ·

最後までご覧頂き誠にありがとうございます!

さてさて皆さん、今回の「〜5月に美味しい旬のフルーツ7選〜」はいかがでしたか?お役に立てていればとても嬉しいです!

これからもこの様な投稿を日曜日に行っていきますので、よければご覧下さい♪

※投稿頻度の変更を行います※

本日は、ブログの投稿頻度について話させてもらいます。

昨月から、高校生としての活動がいつも以上に多忙となってしまい、今の状態を長期的に見た結果、ブログの投稿頻度を変更せざるを得ないと感じました。

以上の事から、ブログの投稿頻度を週3日(水、金、日)から週1日(日)に変更します!

投稿頻度が下がってしまい、本当に申し訳ありません!ご理解とご協力の程宜しくお願いします!

これからもぐっさん🍅のヒトリゴトを宜しくお願い致します。

〜必見! サクラの花がら摘みの方法!〜

本日のブログは、「必見! サクラの花がら摘みの方法!」と題しまして、ぐっさん🍅が最大限にまとめたサクラの花がら摘み決定版となっております。是非、最後まで見ていただけると大変嬉しいです!

それでは、花がら摘みの世界をお楽しみ下さい♪

〜姫路城のサクラ〜

花がら摘みする意味

まず初めに、花がら摘みの意味についてです。皆さんは花がら摘みに対して、どのようなイメージを持たれているのでしょうか?

花を切ってしまう残念な行為、汚くなったから花を切る行為などなど、様々なイメージがあると思いますが、実際の意味はどの様なものなのでしょうか?

花がら摘みをする本当の意味は、種を残して欲しく無いと言う意味なのです。種を残してしまった場合、来年からの花付きが悪くなってしまうと言う事が発生してしまうのです。そのため、花がら摘みは絶対にしなければならないのです!

サクラの花がら摘みの道具

花がら摘みの道具を解説していきます!

必要なものは、園芸用ハサミ、花がらを入れる袋が必要になります。袋については、不要な場合もあります。園芸用ハサミ以外のハサミはサクラを傷つける可能性がありますので、使わないで下さい。

〜園芸用ハサミ〜

花がらの摘み

続きまして、花がらの摘み方についてです。

サクラの花がら摘みの場合、下の写真のように黒線の所くらいで切る様にして下さい。花の根本から切ってしまった場合は、来年以降に花が咲かなくなってしまいますので、絶対に花の根本で切らずに少し残して切ってあげましょう。

〜花がら摘みの例〜

花がら摘み後には、下の写真ようになる様に切ってあげましょう。

〜花がら摘み後の例〜

切った花がらは袋に入れて捨てましょう。病害虫の発生に繋がりますので、下に捨ててはいけません。

〜切った花がら〜

最後に

皆さん、いかがでしたか?サクラについて学ぶ事が出来たでしょうか。皆さんにとって、良い時間をお届け出来ていれば嬉しいです!

最後までご覧頂きありがとうございます!これからも続けていきますので、応援のほど宜しくお願いします!

次回予告

4月9日(金) 「4月に種まき、植えつけを行うと良い野菜集」をお送り致します。

~サクラの取扱説明書(最終編)~

復活後、最初のブログ投稿は、サクラの取扱説明書(最終編)をお送り致します!この度は、体調不調を理由にお休みをしてしまい申し訳ありません。これからは、今まで以上に体調に気をつけていきますので応援の程よろしくお願いします。

早速、最終編を初めていきますね!!!お楽しみ下さい♪

~姫路城のサクラ~

1.花が終わったらしなければならない事

まず1つ目は、花が終わった後についてです。皆さんがご存知の通り、普通の花の場合では花が終わってしまった後、花がら摘みをしなければならないのですが、サクラではしなければならないのでしょうか。

実はサクラでもしなければならないんです!サクラの場合はしなくても良いと考えている方もいらっしゃる様ですが、しなければ翌年の花つきが悪くなってしまうのです。そのためにも、花がら摘みは絶対にしていきましょうね♪

サクラの花がら摘みの方法については、4月7日(水)に投稿しますので方法が気になる方は、4月7日(水)も見ていただけると嬉しいです!

2.肥料の時期に要注意?

前回の「サクラの取扱説明書(基本編)」で書いた通り、サクラは基本的に肥料を多く欲しがる花木です。そのため、たくさんの肥料が必要になります。しかし、適当に与えておけば良いと言う訳ではありません。サクラに肥料を与える場合、時期に注目をしながら与えていきましょう!

サクラの肥料の時期、回数、量など

まずは地植えからです!地植えの場合、寒い時期に与える寒肥、花が咲いた後に与えるお礼肥、冬の寒さに耐えれるように育てるための秋の追肥があります。

寒い時期に与えると言う肥料は、堆肥、油かす、鶏ふんなどの有機質のものを与える肥料です。

花が咲いた後に与えるお礼と言う肥料は、化成肥料を1〜2つかみくらいを株元にばらまきます。化成肥料は、8-8-8がオススメです。

冬の寒さに耐えれるように育てるための秋の追肥と言う肥料は、お礼と同じく化成肥料を使っていきます。油かすも入れると良いですよ♪化成肥料と油かすを与える場合は、1:1の割合で混ぜ合わせて与えましょう!

次は鉢植えです!鉢植えの場合も、寒肥、お礼肥、秋の追肥を行います。ですが、鉢植えでは生育期の追肥と言う肥料が必要になってきます。生育期の追肥とは、サクラの生育期となる6月〜8月下旬に液体肥料で追肥を行うことを指します。頻度としては2週間に1回くらいの頻度で、2000倍に薄めた液体肥料を水の代わりに与えていきます。

3.サクラを死なせないために

3つ目は、サクラを死なせないために、しなければならない事をお知らせします。サクラを死なせないためには、日光がとても大切になってきます。そのため、太陽が当たるところに置く事によって、サクラを死なせてしまう可能性を格段と押さえる事が出来るのです。と言う事で、サクラを死なせないために、日光がしっかりと当たるところに置いてあげて下さいね♪しかし、西日が当たりすぎるところはサクラ自身が弱る可能性がありますので、出来るだけ置かないようにしましょう!

まとめ

皆さん、いかがでしたか!これからサクラを栽培される方、サクラについて更に深く知りたい方のお役に立てていれば、幸いです。

最後までご覧頂き、ほんとうにありがとうございます♪これからも投稿を続けていきますので、応援の程よろしくお願いします!

次回予告

4月7日(水)「必見! サクラの花がら摘みの方法!」をお送り致します。

復活しました!!!

皆さん、お久しぶりです!

まず一週間ほど休んでしまい、ほんとうにすいませんでした!

急な体調不良でしたが、今では回復しましたのでご安心下さい♪

ご心配をかけてしまい、ほんとうにすいません!

これからは体調管理を怠らずに行っていきますので、これからもご支援の程宜しくお願いします!!!

次回予告

4/4(日) サクラの取扱説明書(最終編)

※一時的に新規投稿を停止します※

本日3/24(水)~3/30(火)までの期間、新規投稿を停止致します!

理由と致しましては、ぐっさん🍅の体調があまりすぐれていないため、新規投稿を停止することとしました。

楽しみにされていた方には、誠に申し訳ありません!

3/31(水)からは通常通り行う予定なのでご安心下さい!

~サクラの取扱説明書(入門編)~

本日のブログは前回から引き続き、サクラの取扱説明書をお送り致します♪今回は入門編となっているため、出来るだけ簡素に説明をしていきますね!一部、基本編と類似しています。

~吉野桜の花と蕾~

1.害虫に気を付けて!

1つ目は、害虫についてです。サクラと言えば、害虫がたくさんついてしまう花木として有名です。どのような害虫がサクラにはついてしまうのでしょうか?代表的なサクラの害虫としては、アザミウマやカイガラムシ、カミキリムシ、ケムシなどがあります。このような害虫が大発生する可能性もあります。そのため、駆除を徹底的に行うことが大切になってきます!駆除方法については次回のブログで記載いたしますので、それまでお待ちください!!!

2.地植えはヤバいかも…

2つ目は、地植えについてです。地植えとは、サクラを地面にそのまま植えつける栽培方法です。しかし、この栽培方法がヤバいことに繋がることがあるのです。そのヤバいこととは、サクラ以外の作物が育たなくなるのです!なぜ、このような状態になってしまうのかと言うと、サクラと言う花木は栄養分が大好きなため、その土地にある栄養分をすべて吸い尽くしてしまうのです。そのため、サクラの地植えはそこまでオススメしません。

3.日陰はもっとヤバい……

3つ目は、日陰についてです。日陰と言う状態は、サクラにとって最も最悪な環境とも言える状態なのです!なぜなら、サクラは自分の体に光が当たることによって、成長をしようとしていきます。そのため、日陰になっている部分の枝だけが枯れるなど、サクラに対して重大な健康被害を出してしまうのです。以上から、サクラを日陰には絶対に置かないようにして下さいね!

入門編を終えて

皆さん、入門編はいかがでしたか~?大雑把に書いてしまいましたが、理解出来たでしょうか。1人1人のお役に立てていれば嬉しいです!最後までご覧頂きありがとうございます♪次回も見て下さいね~!

〜サクラの取扱説明書(基本編)〜

本日は「サクラの取扱説明書」をお送り致します!今回のサクラの取扱説明書では基本編と題し、サクラ栽培の基本を3つ簡単に説明していきます♪

~吉野桜~

それではどうぞ~!!!

~基本編~

1.水やりの回数について

庭植えの場合は、基本的には水やりはいりません。しかし、夏に乾燥が長く続く場合は、2週間に1回ほど水やりを行っていきましょう!

鉢植えの場合では、夏場は1~2日に1回ほど行っていきましょう!水やりの忘れてはいけないポイントとしては、朝のうちに水やりを行うことが大事と言うポイントです♪忘れないようにメモしておきましょう。

2.日当たりについて

2つ目は日当たりについてです。サクラにとって、日当たりは非常に大切な条件なのです。

サクラは、日当たりの良い場所を好みますが、強い西日などが当たる場所はあまり好みません。そのため、強すぎず、弱すぎずの日当たりが好まれる日当たりと言うことです!

3.肥料について

最後に肥料についてです。サクラは無類の肥料好きです!そのため、肥料の量は多めとなっています。

具体的には、植えつけを行う時に元肥として化成肥料を追加してあげます。その後からは、晩秋から冬にかけての時に株の周囲に穴を掘り、緩効性化成肥料と有機質肥料を混ぜて、その穴にいれてあげて下さい♪また、樹木の種類によっては花後に追肥をする場合もあります!

~最後に~

最後まで見て頂き、ほんとうにありがとうございます♪

今回はいかがでしょうか?皆さんの参考になれていれば、非常に嬉しいです。これからもサクラについてを続けて投稿しますので、お楽しみ下さいね!!!

~次回予告~

「サクラの取扱説明書(入門編)」をお送り致します♪

~3月に種まき、植えつけを行う野菜集(特別版)~

本日は、Part.1~3と続いてきた「3月に種まき、植えつけを行う野菜集」の特別版をお送り致します!!!本来であれば、Part.3で終わる予定でしたが、大好評を受けて急遽、特別版を追加しました。

是非ともご覧頂き、お楽しみ下さい♪

~チュウゴクオオカミ~

No.1 ジャガイモ(ナス科)

まず、特別版のNo.1はジャガイモです。ジャガイモと言えば、夏に収穫を行うイメージがある方が多いと思います。このように、夏に収穫をしようとすると、2月中旬から3月上旬に種イモ植えつける必要があるのです。もし遅くなってしまっても、3月以内に植えつければ夏の収穫期に間に合います。また、プランタでの栽培も出来るので、簡単に栽培が出来る夏野菜の一つでもあります。

No.2 ニンジン(セリ科)

No.2はニンジンです。ニンジンでは春植えの場合、3月に種まきを行うことで栽培をしていきます。しかし、春に種まきを行ってしまうと、害虫にやられる可能性が大きくなってしまうのです。そのため、初心者の方などは失敗の少ない夏まきをオススメします!ですが、春まきからのドキドキ感も感じて頂きたいです♪

No.3 ダイコン(アブラナ科)

No.3はダイコンです。ダイコンも3月に種まきを行える野菜なのです。また、3月に種まきを行えば、3月中には収穫を行える場合もあると言われるほど、収穫期までが短く楽しむことが多い野菜です。そのため、野菜で楽しみたい方はダイコンを育ててみて下さい!

~まとめ~

特別版はいかがでしたか?お楽しみ頂ければ嬉しいです。これからも更に投稿していきますので、いいねが欲しいです。最後まで見て頂きありがとうございました!

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう